第1回 店が成功する前提条件
第2回 立地評価 T
第3回 立地評価 U
第4回  売上高予測
第5回 立地選定のプロセス
第6回 既存店再構築 T  (企業収益最大化への道)
第7回 既存店再構築 U(企業収益最大化への道)
第8回 流通業界「勝ち組」の条件
第9回 立地の回帰
第10回 競争力強化
第11回 競争力強化 U

第10回 競争力強化

第10回 競争力のある企業・店について考えて見たいと思います。
「競争力」とは「顧客が支持する店」ということになります。
「顧客満足度」の高い店ということにもなります。

最近のスーパーマーケットを見ると、「価格競争」一色のように見えます。
なぜ、激しい価格競争が起きているのか?
それは、各地とも「オーバーストア」になっているからです。
オーバーストア地域で勝ち組になるための手段として、最も安易で効果的な方法は「安売り」です。
競合店よりも安く売って、顧客を集めることは、子供でも可能です。
ただし、更に安い店が出現すれば、顧客は離れてしまいます。

価格競争は、最終的には「資本力」で決まります。
西友(ウオルマート)は、徹底した低価格で躍進しています。
世界一の小売業が、本気出せば、我が国の小売業は一溜りもありません。
中小のSMが、価格競争に頼ることは大変危険な考え方です。

それでは、どうすればいいのでしょうか。
次の式を見てください。

Vの値が大きいほど、顧客は満足します。
例として、ユニクロがわかりやすいと思います。
ユニクロは、低価格の衣料品で、業界に風穴をあけました。
ユニクロの衣料品は、「安かろう悪かろう」ではありません。

C(価格)と比較してQ(品質)がよく、結果として、V(価値)の値が大きく、他の企業の追随を
許しません。

これからの考え方は、C(価格)を下げることは必要ですが、Q(品質)を上げることが大変重要に
なります。

ここでいう、品質とは、商品の品質ではなく、接客・サービス、店づくり、プレゼンテーション、品揃えなど全てが入ります。
成城石井が、見事に再生しました。
その第一歩が「あいさつの徹底」というのはあまりにも有名です。

あいさつも店のQ(品質)を上げる一つの手段です。
次回から、Qについて、詳しく解説したいと思います。